校長挨拶 校長 井中 宏史

 

西高の歴史と今

 

一宮西高校は、昭和39年に愛知県立一宮高等学校西分校として開設され、昭和41年に愛知県立一宮西高等学校として独立しました。今年で開校51年目を迎える伝統校です。 昨年、創立50周年の節目を迎え、文武両道の進学校としての伝統を受け継ぎ、これまで以上に重要な役割を担う学校として、グローバル人材の育成を目指した取組みを行なっています。 この学舎を巣立った卒業生は、 1万7千有余名を数え、国内外、各界各方面で活躍しています。

 

西高の教育が目指すもの

 

「二兎を追う者は一兎も得ず」という言葉があります。 西高では『勉強、部活、学校行事』の三兎を追え、と指導しています。 そのため、西高生の生活は多忙です。多忙ではありますが、非常に充実した密度の濃い三年間です。西高生はそうした学校生活に仲間と共に全力で取組み、それらに挑戦し乗り越えています。 その中で、仲間同士の絆や生徒と教師の信頼関係が深まり、誇りと自信が育ちます。 「勉強」「部活」「行事」はそれぞれ独立しているものではなく、生徒が本気で向き合ったとき、『勉強・部活・行事』は一体のものとなります。充実した西高での三年間で、生徒は見違えるほど逞しくなります。それが西高です。 皆さんも、ぜひ西高を目指し「西高の教育」に挑戦し、次世代を担うリーダーとしての資質を身に付け欲しいと願っています。

 

西高の教育の特徴

 

①確かな学力の保証

・47分(8分放課)7限授業 ・シラバスの活用と授業内容の改善 ・家庭学習の時間の確保と課題内容の充実 (予習と復習の徹底) ・きめ細かい学習支援 ・校外での学習活動の支援 (自然科学研究や国際交流活動等)

②進路の保証

・進路実現に向けたきめ細かなサポート (早朝補習,土曜学習教室,休業日の進路学習教室等) ・進路情報の適確な分析と提供 ・個別の進路相談

③人間的な成長の保証

・活発な部活動(運動部16、文化部9) ・伝統ある西高祭(5日間実施) や予餞会等 ・教育相談体制の充実

その結果、現役国公立大学合格率が毎年約70%という高い水準を維持、部活動においても10以上が県大会以上に出場しています。 そして、「知・徳・体」のバランスのとれた人材を輩出しています。誇りある伝統と校風の西高で、自らの夢の実現に向けて、ともに挑戦してみませんか。

「誇り・自信・夢 ~西高半世紀の伝統と挑戦を胸に~」

(創立50周年記念事業実行委員会キャッチ・フレーズ)