校長挨拶 校長 北山 ゆり

 

半世紀の時を超えて

 

 

本校は、昭和39年、東京オリンピックの年に愛知県立一宮高等学校西分校として開設され、昭和41年に愛知県立一宮西高等学校として新たなスタートを切りました。以来、半世紀を越えて、ここ尾張の地にしっかりと根をおろし、学校教育を牽引する学び舎として愛されてきました。すでに2万人近くの卒業生が巣立ち、社会のあらゆる分野で活躍されています。

世はグローバル・AI時代。あいちスーパーイングリッシュ・ハブスクールである本校は、平成30年度から国際部(分掌)を新設し、2年生の国際理解コースをはじめ、文理を問わずさまざまな分野で、国際的に活躍する人材の育成に取り組んでいます。

西高の誇りある伝統と自由な校風を受け継ぐとともに、変化の激しい時代の中でも、真理を見失わず、自らが社会を支え、リードするという気概をもち、たくましくしなやかに生き抜く若者を育ててまいります。

 

スクールモットー

 

自由で明るく―規律と責任―

  西高生のみなさんは、このスクールモットーをどう捉えているでしょうか。

自由闊達な精神と自他を大切にする思いやりをもち、活力あふれる学校生活を送る。

人として節度ある言動ができ、これからの社会を担うという気概をもつ自立した若者になる―本校の三年間を人としての大きな成長の場にしてほしいと思います。

 

平成31年度(2019年)重点目標

 

 

西高は以下の目標のもとに、生徒・教職員一丸となって取り組んでいきます。

目指す西高生・指導目標

西高の3年間で、将来的に、大学やその後の社会生活で生きてくる力やその素地をつくる

 そのために、生徒一人一人が高い目標をもち(挑戦)、自らの力を伸ばし(努力・成長)、進路希望の実現を目指すことを目標とします。

 

西高生は、青春を謳歌しつつも、発展的かつ専門的な学力を身に付け、学校行事や部活動など人との関わりの中で人間的に一回りも二回りも成長し、将来を見据えた進路実現を達成しています。そのためには、愚直に汗をかき、失敗を恐れず挑戦し、反省を次につなげる姿勢が大切です。さあ、西高で、濃密な三年間をともに過ごしましょう。

「誇り・自信・夢 ~西高半世紀の伝統と挑戦を胸に~」

(創立50周年記念事業実行委員会キャッチ・フレーズ)